脱毛の基礎知識

毛の構造

表皮から上の部分の毛が「毛幹」、表皮から下の部分の毛が「毛根」、毛根の一番下のふくらんだ部分が「毛球」と呼ばれています。
毛の成長は、毛球の先端にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込むことによって起こります。
毛を抜いても、毛根の先に毛母細胞がある限り、また生えてきます。

毛周期

毛周期とは、毛が生えてくるサイクルのことです。
成長期・退行期・休止期の3つの時期があり、体の部位や人によって周期は少し違います。
脱毛の効果を出すためには、毛が生えてくる成長期に行う必要があります。
1カ月に1回を目安に、毛が生えてくるのを待って施術をします。
脱毛をする度に、だんだん間隔が空いてくる傾向があります。

脱毛のメカニズム

毛の黒い色素(メラニン色素)に反応する光やレーザーを当て、熱のエネルギーで毛乳頭を破壊することによって脱毛します。 毛周期に合わせて繰り返し毛乳頭を破壊することによって、周囲の毛母細胞にもダメージを与え、毛を生えにくくしていきます。

脱毛の効果

脱毛効果は個人差が大きく、同じ人であっても体の部位によって異なります。早めに効果が出る方は、6回くらいで自己処理の必要がなくなってきます。

脱毛のリスク

肌荒れや乾燥のほか、まれにレーザーの熱で軽いやけどをすることがあります。
脱毛後に肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりする場合には、すぐにご相談ください。
当院では、脱毛によってお肌のトラブルがあった場合は、無料で治療を行っております。